投稿者「admin」のアーカイブ

住宅ローンが払えず返済困難な状況な方

住宅ローンが払えず返済困難な状況な方に任意売買がおすすめです。

銀行から届いた。

住宅ローンなどの未払いの借入金残高を残債あるいは残債務と呼びます。

住宅ローンは、ローンを組んだ方にとって、支払えなくなった時に、住宅ローンを組んだ金融機関から、住宅ローンなどの支払いが無い場合に督促される事になります。

督促状が来てから支払いに応じることが出来れば、問題ありませんが、一般的に納期限後20日以内に支払いができなくなってしまいますと、2回目から金融機関から届きます。

そのため督促状が来てからしっかり対応することが出来れば、再び支払いを続けることができますが、督促状が来て、2度来た時に支払いが出来なくなってしまうと、金融会社からの法的手続きに入る可能性が十分にあります。

その後、最終通告として、支払いを督促する全部の額を通知します。裁判になる前に解消しましょう。

期限の利益喪失は、住宅ローンの返済を行う際に、分割返済出来ると言う権利で、債権者は権利を債務者に分割で返済することができるようになります。債権者はこの権利を活かして、金利を請求することが出来ます。

売却できる価格としては市場相場の価格になります。

最終的な値段は債権者が決めることが多いようです。

しかし、最終的には双方が納得した金額での売却が可能な手続きになります。

債権者は法的手段として競売での手続きによる資金回収を行う方もいるようです。

支払いができなくなってしまい競売が始まってしまいますと、それなりに時間がかかる事になります。

またこの時の価格も、一般的な相場の6、7割になることもありますので、近年、新築物件を買った方にとっては損してしまう方も少なくありません。

このように任意売却にはそれなりの手続きを行って行き債権者との話し合いが最も大切になります。

債権者にとっても安い価格での交渉を行うところは少なくありません。

物件や不動産の価値をしっかり認識し、交渉を進めてくことをおすすめします。