離婚後の住宅ローン返済

離婚後の住宅ローン返済はどうなるか?

eLOl5f3b

離婚後に残った住宅ローンの取り扱いは、離婚に際して和解交渉の内容次第で、幾通りもの対処方が発生します。

それだけに一人で悩まずに、弁護士や司法書士および不動産仲介業者の取引に精通した信頼できる人にしっかりと相談をして進めることが賢明な方法です。

どんなに困難な状況にあっても、良い方向に解決できる道は必ずあります。

次に、それぞれの事情に応じて解決のヒントとなるいくつかの解決方法を述べます。

ア 夫が住み続け、不動産名義も住宅ローン名義も夫のままにする

例えば、時価2500万円の住宅で、まだローンが2000万円残っている場合、マンションの時価が1900万円だとします。マンションの時価からローンの残高を差し引いた額(1900-2000=-100)100万円を財産分与の対象とします。
このケースの場合は妻が夫に50万円を支払、妻が家を出で、夫がローンを払い続けることで解決します。妻と夫が全て逆の場合もこのケースに該当します。

イ 妻が住み続けるために、住宅ローンを妻の名義で借り換え、不動産名義も妻に移す

住宅ローンを引き受ける妻が新たな住宅ローンを申し込み、今まで夫名義の住宅ローンを一括返済することで実質名義を入れ替えるという手続きになります。
しかし、住宅ローンを借りるだけの妻の収入が必要となり借り換えは難しいと考えられます。

ウ 妻が住み続けるが、不動産名義も住宅ローン名義も夫のままとし、住宅ローンも夫が支払う

離婚を銀行に伝えたことにより、銀行が住宅ローンの一括返済を求めてくる場合が想定されますので、銀行対策の戦略を立てておく必要があります。

又、夫が住宅ローンを支払い続けることで一旦は和解したとしても、その後夫が住宅ローンの支払いが困難になった場合に、最悪は競売となり住宅を出なければならない事態があり得ます。夫が住宅ローンの支払いができなくなった場合の対策を立てておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です