任意売却は普通の不動産屋に相談できない

任意売却は普通の不動産屋に相談すべきか

slwV2p0D

最初に結論を言いますと、任意売却は不動産、債権、競売関係の法律の知識があり、不動産売買の仲介経験や金
融機関などとの交渉経験が豊富な不動産屋に相談すべきです。

普通の不動産屋には任意売却を任せられません。

普通の不動産屋と言いましても、「不動産取引業法」、「宅地建物取引主任者」の登録を受けている事を前提にすると、法的対応、社会的責任は立派に果たせる信頼のおける不動産屋です。

任意売却は、住宅ローンの支払いが滞って、債権者から督促状が出される前後の状態から始まります。

この状態をなるがままに諦め状態にして置くと競売そして強制退去となる通常の不動産とは状況の異なる不動産を対象にすることになります。

これは時間との戦いでもあります、強制退去の日が近付くに従って、不動産の売却は厳しい状況に追い込まれることになります。

督促状を受けてから1日の猶予も許されないくらいに時間に追われる戦いになるのです。

そればかりではありません、最初に融資を受けた金融機関、代位弁済が実施されれば保証会社などとの交渉も必要です。

この交渉は出来得る限り債務者(ローン支払い者)の意向を汲んで、しかも売却のみに留まらず売却後の債務者の生活上の問題も視野に入れて交渉する必要があります。

さらに、売却のための広告にも、滞納が理由で売却することや売却を急いでいると言った買いたたかれるようなことがないように充分に配慮する必要があります。

ですから任意売却は普通の不動産屋ではなく、任意売却のための能力がありその経験が豊かな任意売却の専門家にに相談することをお勧めする次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です