戸建て査定

戸建てを査定する場合

電卓とメモ

一戸建ての土地建物を売却する場合には、住宅ローンの残債が払える場合と払えない場合で、一連の流れが大きく違ってしまいます。

普通に住宅ローンが残っていない状態であれば、ある程度時間を掛けて売却することもできますので、一般の市場に出しても市場価格で売却することができます。

しかし、住宅ローンが残っている任意売却となると、銀行との交渉や法律的な知識と経験が必要となりますので、売るだけとは違う専門家に相談しなければなりません。

自宅のおおよその市場価格を調査するには、匿名で見積が取れるサイトがありますので、そちらを利用してください。

住宅ローンの支払いがつらくて、10年以上ローンの残債が残っている方は、任意売却の専門家の無料相談窓口をご利用ください。

住宅ローンが払えなくなる原因は病気・収入減

住宅ローンが払えなくなる原因は病気・収入減といえば、その通りです。

しかし病気・収入減が原因と一言で言いきれるほど単純なものではありません。

病気・収入減について一つ一つ具体的に考えてみる必要があります。

最初に病気について考えてみます。

大抵の住宅ローンは契約条件の一つに生命保険に加入契約することとしています。

したがって、就労不可能な大病又はケガをされた場合は生命保険金の支払いがあるからと安易に安心してはいけません。

このような病気・ケガの場合は失業に至ることになります。

そうすると、住宅ローン支払いどころか、生活のための収入が断たれるのです。

こんな状況下で保険金の支払いがあったとしても生活資金、病院代の支払いで保険金は使い尽くされ、一時的には住宅ローンの支払いができたとしても長期間に及ぶと住宅ローン支払いは困難になります。

又、失業に至らず、従前の生活資金が確保できたとしても病院代が嵩み、これまでの収入では住宅ローンの支払いが困難になる公算が大です。

保険金の支払いを受けることのできない種類の病気で、なおかつ治療費が嵩むし失業せざる得ないとなれば最悪です。

住宅ローンの支払いが困難になるのは目に見えています。

次に収入減についてですけれど原因は無数にあると言えます。

共稼ぎの収入を当てにして住宅ローンの契約をした場合に夫婦の一方が仕事をしなくなり収入が減るのが代表的です。

事業をされている方は事業の停滞による収入減があります。

サラリーマンの場合は会社の経営次第で基本給の減額に始まり、ほぼ定常化していた超過勤務手当がゼロになるとかその他の手当が減額される等です。

最近では年功序列の賃金体系でなくなりつつあり、賃金の変動が大きくなる時代です。

人事異動、転職も収入減の大きな原因の一つです。病気・収入減の他にも住宅ローンの支払いが困難になる原因は幾つもあります。それは生活や事業の必要経費の増大です。

親や身内の援助のために必要な経費が発生する場合があります。

子供の成長に従って教育費が必要になります。これらも住宅ローンの支払いが困難になる原因になりえます。

その他に、交際費の増大、ギャンブルなど生活の乱れ、自動車事故などの不測の事態など住宅ローンの支払いが困難になる原因は枚挙に暇がありません。

離婚によって任意売却を検討する場合はこちら
http://cosmetic-tsuruya.com/rikon/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です